Day 8 : NYC自主隔離生活 - バレットジャーナル、捨てる。

プロローグ ●Day 1 ●Day 1-2 ●Day 2 ●Day 3 ●Day 4 ●Day 5 

Day 6 ●Day 7




8月30日日曜日。

自主隔離生活8日目になりました。



8月もいよいよ終わりを迎え、秋の気配なのか、大分湿気がなくなってきました。



うん、湿気がないと気持ちがいい。

私たち親子はクーラーが嫌いなので、極力クーラーなしで生活したいですからね。



さて自主隔離生活も8日目。



なのに一回も

一回もっ


トレーサーからの連絡がないのはどうしてええええええ?!


もう1度言いましょうか?



トレーサーからの連絡ありませんーん!

今まで一度も!



なんか生真面目に家に籠もっているのがバカバカしいんだけれど!



ニューヨーク州はシリアスなんだよね、クオモさん!

もちろん!


New York :

Tough, Smart, Disciplined, unified and Loving


だからね!



んもー

これならちろっとお買い物に行ってもばれなくない?

それにね、別に熱があるわけでもないし、体調不良でもなんでもない。

いや、家にいるほうがストレス溜まっておかしくなりそうだよ。



❖ ❖ ❖




息子も9月から高校生。

去年まで使っていたノート達、その他もろもろのものを捨てようではないか。

遊ばなくなったおもちゃや本などを整理整頓しようじゃないか。



ということで、今まで手につけていなかった、いや、放っておいたもの達に手をつけ始めることにしました。



多分、ここ1~2年でかなりの人が知ったと思うのですがー、わたしはかれこれ4年ほど前からバレットジャーナルなるものをしていました。


バレットジャーナルとはなんぞや?

ものすごーく簡単に言うと、ドット方眼ノートに黒ペンを使って、必要最低限の記号で作る、自分だけのオリジナル手帳……とでも言うのかしら。



そこから自己流にアレンジしていって、自分の好きなように使い勝手をカスタマイズできる、実に優れもの。



わたしが使っていたノートは「Leuchtturm1917(ロイヒトトゥルム1917)」のドット方眼ノート(A5サイズ)。ある意味、バレットジャーナルの公式ノートとまで言われているものです。



もう、なんかね、ぎっちり書き込みしていて。

毎月末になると、翌月のスケジュールを作るんですがー



・カレンダー
・ご飯記録
・習慣つけたいもののトラッカー
・その月の目標
・その日のニコニコ記録(Things that make me happy)
・その日できたこと記録


などなど……もっともっとあったような気がするけれど、まあ、とにかく『盛りだくさん』。

作るのに3時間くらいかかっていたよね、いつも。

ご丁寧に色とかも塗ったり。



日本人もいろいろと細かくこだわるけれど、アメリカ人だってこだわる人はこだわるし、他のアジア系の人たちのノートを見たりして、どんなペンを使っているのか、どんなレイアウトにしているのか、そりゃいっぱい調べて。

シンプルで使い勝手がいい、のが売りだったバレットジャーナルなのに、気がつけばすごいデコラティブ。

あれもこれも盛り込んで、大変になっていった。

でも、そこがバレットジャーナルでもあるわけでして。

あっちこっちにメモを置いたり、このノートはコレ専用、このノートはアレ専用、というのを、包含するノートがバレットジャーナル。

そう、全てバレットジャーナルでマネージできますよーってことで。

でもだんだんと使っていくうちに、いちいちフォーマットを作るのが面倒になったり、どちらかというとメモ的に残す感じがバレットジャーナルだったので、もっと日記みたいに使いたい、もっと自分の気持ちを、その日に感じたことを書き留めたい、となったら、なんかズレてきて、だんだんと使わなくなったり。

それはそれで良いんだけれど、今年に入ってから、本当に使わなくなってきた。

今までも例えば夏に日本に帰ったら、まるっと書かなかったりしていたし、カリフォルニアに行ったときも書かなかったから、今回もそのパターンかなと思っていたんですがー、なんか、必要がないというのか。

なんなんだろう。

飽きちゃったのかな。

いつもの自分だったら、カリフォルニアで、まあ、いろいろと考えることがあって、そういったことを「今後の目標!」じゃないんだけれど、書くと思うんだけど、今のところそんな気配は見えず。


週末や月末になると、その週の振り返り、その月の振り返り、来月のインテンションなんて書いていたのに、わざわざ。 出来たこと、翌週、翌月に続くタスク、みたいな形でね。


だってよく言うでしょう〜?

書くと、それが現実化するって。

例えば「こういう家に住みたい」という場合、より細かく書く、例えば家について100コくらい書くといい、とかいうじゃない。

それで現実化した人も知っているし。

でもなんか……

なーんか、違うんだよね、今は。

よくわかんないんだけれど。

だから過去のバレットジャーナル、まるっと捨てた。

ちょっと参考までに写真を撮ろうと思って、パラパラとみたけれど……

頑張っていたね、自分。

頑張り過ぎてて、イタイわ。


『100コわくわくリスト』とか、なんなん!


いや、いいんよ。


やっぱりモチベーションを上げるためには必要だから。


でも、うーん、今読んでもわくわくしない……というか……


自分が旅好きなのはわかったし、今だってしたいけれど、なんか……上手く言えないけれど……これはないな、と。




一生懸命過ぎてるから!

一生懸命100コ探しているんだもん。

すらすらっと出てきてないのがアカンでしょう!


いえ、それでも良いです、ですか?


なんか若気の至りとか、そういう感じじゃないし、あまり良い波動を感じられなかったので捨てました。

後で見返して「ああ、こんな時期もあったなあ」と思えばいいのかもしれないけれど、そんなのいらないよ。


お疲れ様でした。


時々、落書き帳。




そうはいってもノートがあるのはありがたいこと。



4月から新しく使い始めたバレットジャーナルが半分も使っていないし、どちらかというとメモ帳になっているので、メモ帳として使おうかな、とう感じ。



なんだかんだで手になじんではいるので、ね。



例えば買い物のメモとか、前日に明日こそやりたいリストなんてのは、ポストイットに書いている。

出来ても出来なくてもいいし。



前だったらバレットジャーナルに、わざわざチェックボックスまで作って



あたし、今日、これやった。

偉いわ。



なんて、誰も褒めてくれないから、せめて自分は褒めてあげよう的になっていたんだけど、いちいち自分で自分のこと承認しなくていいからって感じ。今は。



まあ、時間があるから、というのもあるんだろうけれど、やる時間はあるし、やらないと困るのは自分だということが、今さらながらよーっくわかった、ということでして。




はい! お疲れ様、自分。

よく頑張りました!



つるっと脱皮したよ。

さあ、次にいくぜ。






#ニューヨーク #ニューヨーク生活 #バレットジャーナル #自主隔離生活 #14日間自主隔離生活 #自己満足 #自己受容 

61回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示